2.映画上映、2時間の疑問

90分映画コーナー

 

レンタルDVD店で、「90分映画コーナー」という棚を見つけました。

キャストの25年後です。

(画像引用:nickleshi.blogspot.com)

 

 

陳列されているDVDを見ると、過去に観て良かった映画もあります。

自分としては、その映画が短かったという印象がなかったので、「そうか、この映画は90分と短かったのか」という小さな驚きを感じました。

同時に、そもそも映画の時間は2時間が標準なのはなぜなのだろうか、と疑問を感じました。

映画が2時間である理由

 

まずは、自分なりの推測を書きます。

 

1.
演劇の時間が2時間だったので、それにならった。

クラシックコンサート、野球などのスポーツも休憩時間を入れて2時間が多かった。

(CDの大きさを決めたといわれる「第九」は60分少々。他の曲と休憩を入れて2時間)

 

2.
映画のフィルム、または映写機の作動時間が技術的に2時間が限度だった。

「風と共に去りぬ」をリバイバルで初めて見たときでした。

上映中に「フィルムを交換します」のようなメッセージがあり、数分何も映らない時間帯がありました。

フィルムが前半部分・後半部分と2本あり、2時間以上の映画は2時間目にフィルムを取り替えて映写機にセッティングしていたのでしょう。

 

(画像引用:Yahoo!映画)

 

3.
人が集中できる時間が2時間。

全くの推測ですが、大学などの研究機関が作業効率を研究した結果、2時間が限度だったのだろうと思います。

 

4.
間違いだろうけど、もしかするともしかする推測。

・恋人同士が一緒にいてちょうど良い時間が2時間なので、あわせた。

・コース料理をワインと楽しむ時間が2時間なので、あわせた。

・不思議なことに、マラソンの世界記録も大相撲幕ノ内取り組みも2時間です。

 

以上が自分の推測ですが、当っているような気もするし、的外れなような気もします。

そこで、サイトで調べてみました。

「映画 2時間 理由」で検索した結果、次のサイトを見つけました。

1.「教えてGoo!」→こちらをクリック

2.「Yahoo知恵袋」→こちらをクリック

3.「映画の素晴らしさ」→こちらをクリック

4.「フィルマガ」(90分以内映画の紹介)→こちらをクリック

5.「シアター ciatr」(長い映画の紹介)→こちらをクリック

 

どの理由も正しいように思いますが、決定的な理由は分からなかったです。

 

私、歳と共に長い映画は集中力が続かなくなっています。

特にDVD鑑賞。

DVDは自宅で観られるので、途中で一時停止ボタンを押して、皿洗いをしたりストレッチをしたり。

 

 

今までの投稿記事

1.余ったチケットを映画館前で売る。

2.映画の時間2時間は、長くないですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です